2012・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/10/29 (Mon) Intercontinental, Yokohama Grand
神奈川県民ですがみなとみらいに泊りに行ってきました

今回は訳あって写真に写っている扇形のホテルへ宿泊しました。
(写真は5月に撮ったランドマークタワーからの景色です。)





残念なことに28日日曜日はどんより曇り空。夜には結構強く降りました。
チェックインは14時から可能なので13時過ぎに家を出たら14時には着いて
しまいました。

時間があったのでみなとみらいにあるトヨタと日産の中古車展示場をぶらり。
それから今夜食事をする横浜美術館併設のフレンチの場所を確認しいざホテルへ

ホテルへはロビーのフロントを通り越して28Fにあるフロントで直接チェックイン。
椅子に案内されてアイスティーをいただきながら説明を受けました。

なんだか庶民には場違いな・・・。キンチョーしてなんだか変な汗をかきました。

で、夜景はこんな感じ。
海側の部屋なのでみなとみらいのキラキラ感は皆無です。雨がかなり降ってました。
翌日の天気に賭けます。


インターコンチ 001

真下を見下ろしました。

     インターコンチ 002

さて、レストランはホテル内でもよかったんですが今回はネットで事前に調べて
コスパの良さそうなレストランにしてみました。

横浜美術館に併設されているフレンチのティーズミュゼです。

前菜 “お肉屋さんのサラダ”(ネーミングが笑っちゃいます。)

結構ボリュームがありました。


インターコンチ 013


“オニオングラタンスープ”

インターコンチ 014


メイン “牛ほほ肉の赤ワイン煮込み”

インターコンチ 015


デザート 名前は忘れた!

インターコンチ 016

それとグラスのワイン1杯。ご馳走様でした

明けて翌29日。6時台は曇っていたけどだんだん晴れてきました。
チェックアウトが12時なのでゆっくりさせてもらいました。

インターコンチ 017


     インターコンチ 018

帰りにホテルの裏側から

     インターコンチ 019

こちらのホテル。みなとみらい地区の開発の初期から営業しているホテルです。
いささか設備に古めかしさがあり掃除機のようなドライヤーには驚きましたが、全体的
にはとても良いホテルだと思います。
世間にはもっと高級なホテルはたくさんあるけれど僕のような庶民にはこれ以上の
サービスは過剰供給なのでここで大満足です
スポンサーサイト

2012/10/20 (Sat) 当選しました!
ちょっと恥ずかしい事柄がありました

うちの住まい(平屋の貸家)のガスは都市ガスで無くLPガスなんです。
ご存知の方も多いと思いますがこのLPガスは都市ガスに比べてちょい
お高いんですね。

で、9月某日契約している辻堂のIプロパンガス商会さんの加盟して
いる湘南LPガス保安対策協議会の冊子がガスの指針票と一緒に郵便受
けに入っていました。

その巻末にクイズがあって答えを書いて葉書を切り取って50円切手を
貼って応募するコーナーがあったんです。
50円切手を貼るタイプの懸賞は応募率も低く当選の確率が高いんです。

そこで真面目にクイズに答えて投函しました。

で、ここからがちょい恥ずかしいことに繋がるんですが。

LPガスに対するアンケート項目があって僕が書いた内容はこんな感じ。
『都市ガスに比べてLPガス料金が高すぎです。この懸賞で少し還元してください』と・・・。

そしたら本日、Iプロパンガスの社長さんが1等5千円の商品券をもって事務所に
来てくださいました。
もちろんアンケートの内容文を把握しての上です

当選した

まさか本当に当選するとは(^o^)
(だきさん風)

嬉しいのやら(アンケ内容を知られている)恥ずかしさで複雑な気分でした。
クレームみたいで申し訳ないので社長さんにはうちの事務所のタオルとボールペンを
お土産にお渡ししました。

思わぬ臨時収入。さて、商品券何に使おうかな~


2012/10/16 (Tue) 大阪、京都へ
先週の金、土は同業者の全国の会P会の定例会に参加すべく大阪に
行ってきました。

今回で第23回を数えます。そこそこ歴史のある会になってきました

さて、“行きはよいよい帰りは怖い”の逆で今回は“行きはイライラ、帰りは
バキューン” なんのこっちゃ。

このP会は全国から参加しやすいように参加費の中から交通費をお支払いする
相互扶助の仕組みでやってきました。
会費は3万円ですので北海道などからの参加の場合実費5万円なら3万円
支払って5万円戻る。逆に開催地に近い人は交通費申請0で会費だけ支払う、
といった仕組みです。

この制度、維持するには会員個人の経費圧縮の意識が大切なのです。
そこで今回はぷらっとこだま【新横浜 新大阪】9,980円を
チョイス。
きっとこれが夜行バスを除けば最安のハズです。飛行機より安いと思う。

この旅費の申請もてんでバラバラなのが現実です。
例えば、例を出しちゃいけないのですが同県からの参加でも申請額にかなりの
差が出ていました。1万円も出ていたケースもあります

これだと自助努力をしている人にたいして失礼極まりないと常々思っていました。
いま考えているのは過去の旅費のデータベースから最安の交通費と飛行機の
早割等を一人ひとり精査し旅費の固定化を図ることです。


かなり横道にそれました。

で、行きはそう言ったわけで各駅停車のこだまで3時間40分もかけて新大阪
に向かいました。
各駅ですから都度駅に止まるのはもちろん、止まっている時間が長い
のぞみやひかりがどんどん追い抜いて行くんですね。あれはストレスでした(笑

とまぁ、ダラダラ文字だけ書いても詰まらないので写真。

P会定例会 001

1日目の講演の様子。
著名な保険ジャーナリストを迎えての講演とフリーディスカッションでした。

懇親会、2次会と続き3次会は神戸のKKWさんとYMGTさんで洒落たバーへ。

P会定例会 002

この時すでに23時。
午前0時を回ったころお店を出てブラブラ北新地を歩きました。

     P会定例会 003


すごい数の飲み屋さんが袖看板に並んでいますね。お客さまを見送る
綺麗どころがちらほら。

続いて、翌日は午前中のセミナーを終えてだきさんとOONSさんと京都の
ひつじさんの新事務所にお邪魔しました。

P会定例会 006


P会定例会 005


胡蝶蘭のオンパレード

     P会定例会 004


こちらは僕が贈った胡蝶蘭


最後は大船で一杯飲んで帰りました。

P会定例会 008



2012/10/08 (Mon) 日産リーフ
日産リーフ乗りました

会員になっているタイムズのカーシェアリング。
個人会員なので使っても使わなくても月に1000円のコストがかかります。

その1000円の中には1000円分の無料利用分が含まれているので使わな損損なわけです




そこで目を付けたのが最近できた小田急線高座渋谷駅近くのステーションにある
電気自動車『日産リーフ』

利用料はノートやデミオに比べるとチョイ割高な15分400円。
でも1時間乗っても1600円なら安いもんです。
ディラーで試乗ならタダだけど営業マンにしつこくされそうだしチョコっとしか
乗れないしね!

で、乗った感想は言えばこの車、非常によく出来ています。
走行音は当然タイヤの転がる音だけなの無音に限りなく近い。

出だしからスムーズに加速し結構かっちりした乗り心地でした。

静かすぎてドライバー以外寝てしまいそうです

ブレーキは負圧を使ったブースターを使用していないのか?カツンと効きます。
これはこれで慣れると違和感はありませんでした。

内装も日産にしちゃ座り心地の良いシートで近未来的なヴィジュアルでワクワク
させてくれます。

これは良い車です。技術の日産の賜物です。
ただネックはフル充電での連続走行距離と価格ですね。

約50分、24km試乗しました。


2012/10/02 (Tue) お知らせ
ブログのプロフィールに変更が出ましたので久しぶりに更新しました