2017・08

<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/30 (Fri) ギミー・ヘブン
ギミー・ヘブン (2004年)

     ギミー・ヘブン


五感のうち、複数の感覚が連動して働いてしまう「共感覚」を題材に
したサスペンス・スリラー。共感覚を持つ男女が出会ってしまったこと
でもたらされる悲劇を描く。監督は本作が長編デビューとなる松浦徹。
キャストは『戦国自衛隊1549』の江口洋介、『69~sixty nine』の安藤
政信、『NANA』の宮崎あおい、『恋の門』の松田龍平ら日本映画界を
担う顔ぶれが勢ぞろい。古谷建志、武田真司らによるユニットnidoが
音楽を担当しているのも話題だ。
(yahoo!映画より拝借)

サスペンス・スリラーです。
宮崎あおいの学園もの、恋愛ものでない作品は新鮮ですね。
ちょっと内容が難しいので良く分らないところもありました。

てか、この作品も宮崎あおいでなくても良かった感じです。
なんて言うのか、作品的にはそんなに面白くもつまらなくもなく
普通なんですがあおいファンとしてはこの作品に宮崎あおいが
キャストじゃなくてもいいじゃね?って感じです。

やっぱり、「ただ君だけを愛してる」や「NANA」以上の作品には
なかなかお目にかかれませんね

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://kenichi0512.blog49.fc2.com/tb.php/1106-1e3a103e