2017・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/08 (Thu) 読書の梅雨
ここの記事も超不定期になりつつあります。

とゆうのは、最近はレンタルDVDも借りなくなるほど本にはまってます

その前にひとつ。
本は基本的に図書館で借りるんだけど今の図書館のネット環境って
すごいですね。
自宅に居ながら市内の図書館のデーターベースに接続でき、しかも
そのまま予約まで完了。
予約の本が最寄りの図書館に到着すると携帯電話のメールでお知らせ

メールが到着したらそそくさと出向けばいいわけです。
便利な世の中になったな~としみじみ

で、本題。

何にはまったかというとまずはこれから


白夜行      白夜行(びゃくやこう)/東野圭吾 著


最初は綾瀬はるか、山田孝之主演でドラマ化されたDVD「白夜行」から
ハマりました。
内容もさることながら各俳優陣の演技力に関心。特に特筆すべきは雪穂の子供
時代を演じた福田麻由子、亮司の子供時代を演じた泉澤祐希の両名の演技は
ずば抜けてすごいものがありました。

で、続いて図書館で借りて原作へ。

原作もまたドラマとは違い面白い。ドラマが二人の絆を当人視点
で話が進んでいくのに対し原作は淡々と事実を述べられている感じ。
物語の後半から徐々に話のつじつまがあっていきストーリーが完結する感じです。

そして、次に読んだのが白夜行の続編とも言われるこちら


幻夜    幻夜(げんや)/東野圭吾 著


1995年の阪神大震災から物語が始まります。
美冬と雅也の物語。東京に出て美冬がのし上っていく様が白夜行の雪穂と
ダブります。
ただこちらの方が表記がかなりエグくてエロいですね~(笑

2作品を読み終わって2,3日経つ今でもインパクトが残りあれこれ思考を
巡らせている状態です。この2冊はお薦めですよ~。



スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://kenichi0512.blog49.fc2.com/tb.php/1190-d62189aa