2017・10

<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/13 (Mon) 代理店変更
先週のことです。

午前9時半頃、事務所に1本の電話が入りました。

『あのー、Aと言いますがアフ○ックのがん保険に加入しているんだけど
代理店の人が遠くに行っちゃったからお宅に代理店変更したいんだけど』
と言った話でした。

それならと、一度お会いして話を伺うことに。
夕方5時に当社に来店していただくことになりました。

5時を少しまわったころにその電話のAさんがご来店されました。
詳しく事情をうかがい、現在75歳のAさんは以前横浜の会社に勤めていて、
その会社の団体で13年前にアフ○ックで契約をされたそうです。

担当していた代理店の女性の方がご主人の転勤で東北の方に行ってしまい
手続きや保全で遠距離をやり取りしたりと不便なため地元の当社にご相談
に訪れたとのことでした。


それならば、うちとしても地元の方がわざわざご来店いただいていますし
お客様のご希望・ご要望とあればお断りする理由はありません。
(ちなみに代理店変更してもうちにはフィのメリットはありません。)

そこで具体的にどのように進めたら良いのか所属する支社に問い合わせをしました。
そこで教えられたのは

『代理店変更については会社は関与しません。代理店間で承諾の印を
取り交わしてください。』との指示でした。

ふ~ん、そんなもんなんだ。

早速目の前にいるAさんに事情を話し代理店間で書類を取り交わす必要が
ある旨ご説明申し上げました。

いきなり現在の担当代理店に書面を送りつけるのも失礼かと思い、また
Aさんも目の前にいらっしゃるのでうちの事務所から担当代理店に連絡を
入れることになりました・・・。

ここからが悪夢の始まりです。

『こちら神奈川県の○○支社所属のkencihiと申します。
今日当社にAさんが来店され担当代理店の変更をご希望されております。
つきましては書類を送りますのでご返送ください。

と説明をしている時にAさんが『オレから言うから電話を代わってくれ』
と言われAさんに代わっていただきました。

Aさんはその代理店の人と懐かしそうに色々話をされ、現在年齢も高齢に
なったのと保全などで東北まで書類のやり取りをするのも大変なので
近くのkenichiさんとこでお願いすることにしたからね』と終始和やか
ムードで話されています。

Aさんとの話も終わり僕に電話を代わった瞬間、その代理店の女性がこう言いました。

『あなた、Aさんをそそのかして代理店変更させたのね。』

はい?はあぁ~((何言ってんのコイツ・・・。)

さらには

『Aさんと一緒に電話をかけてくるなんてやり方が汚いわよ』


・・・。(いい加減にしろよ

こちらもこの人に承諾の印をもらわなければAさんのご要望に答えられません。
ぐっと堪えて、今日初めてAさんから依頼があったこと、直接電話をしたのは
支社からの指示であることを冷静に説明しました。

ところがそれでもまだブツブツ言っています。

さすがの僕もこの対応に頭にきて、

『おたくとはこれ以上話すことはありませんので失礼します。ガチャン』

電話を切りました。

久しぶりに頭にキター

Aさんには今までの話のやり取りを説明し、当社としても泥棒呼ばわり
されてまで代理店変更を強行するつもりは無いこと、またAさんの保全
などは担当代理店でなくても責任持ってやらせていただくことをお約束し
このままの状態で収めていただくことになりました。

しかし、この担当代理店のババア、おばさんスゲーな。
勘違いもはなはだしいってのは、こーゆう人を言うんですね。

まず第一にお客様の要望だってのをわかっっちゃないですね。
うちが担当代理店になってもその方の契約からフィをいただくメリットも
ない。(失礼だけど保険の見直しをする歳ではない。)
あくまでも善意でお受けした話を泥棒呼ばわりするとは・・・。

あんた、どっち向いて仕事してんの!

お客さんの方向いて仕事しろっての




スポンサーサイト

comment

いるいる、そんな人・・・ご苦労様
逆に「お客様の事、この後よろしく」ってお願いされてもいいくらいだと思うけどね。
2006/11/15 13:18 | URL | 京のひつじ [ 編集 ]

そうなんですよー
久しぶりにカッチ-ンv-359ときました。
疲れさせないでよ、って感じですv-394
2006/11/16 00:50 | URL | kenichi [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

がん保険に入ろう
癌は日本人の死因のトップで、全死亡者数のおよそ3分の1を占めています。また、死亡にまで至らずとも、日本人のおよそ2人に1人は生涯で一度は //がん(癌)の基礎知識 2006/12/10 01:01

trackback_url
http://kenichi0512.blog49.fc2.com/tb.php/202-87e8747d