2017・05

<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/30 (Thu) 悪いのはどっち?
3月はさすがにしんどい
月末のここにきて疲れが出てきました。
3月の仕事としてはあと月末日の集金のみになりました。
あと少し・・・がんばろう
ところで今日は自動車事故の話を少々。

先日うちのお客さんのトラックが2車線道路の左側を走行中
前方(左車線)で事故が発生していたので減速しながら右側
に合流しようとしていました。

1車線が潰れているので右車線は当然渋滞中。
そこに合流しようとしたのですから車は当然徐行に近い状態の
はずです。

ところがそこに対向車線から(トラックから見て)左側のコンビニ
に入るため渋滞の右車線をぬいながら原付バイクが横切って
来てトラックの右側面に当たりこけてしまいました

さて、車とバイクどちらの責任割合が大きいのでしょうか
よく聞くのが『バイクの方が小さいし怪我をしたんだからから車の方が悪い』って意見。
ごもっともに聞こえますよね。

でも大小で判断する問題なんでしょうか?
車もバイクもお互いに運転免許証を取得し道交法という同じルールの
もと運行
しているのですから、大小でかたずく問題じゃありません。

このケースで言えば直進対右折(しかも車線を横切りコンビニに入る)
という状況からすれば圧倒的にバイクに非があるはずです。

別のケースではこんな事例もありました。
うちのお客さんの車が信号待ちの停車中、原付バイクに追突されました。
バイクはこけて怪我をしてしまいました。

このケースでもバイク側の運転手が『俺は怪我したんだから被害者だ
と言ってきました。
はて?怪我をした方が被害者なんでしょうか?

だったらこのバイクの運転手さん、勝手に電柱に突っ込んで怪我を
したら電柱の所有者であるNTTとか電力会社に『俺は被害者だ!』
って言うつもりなんでしょうか。
壁に突っ込んで怪我をしたら壁の所有者のお宅に行って『俺は被害者だ!』って言うつもりなんでしょうか?

その筋の人なら言うかもしれませんね
でも一般の人でそんな事言っていたら笑われてしまいますよ。

たいがいこういったケースで上のような発言をする人はバイクの任意
保険に加入していないケースがほとんどです。
上の原付バイクも任意保険未加入でした。

自賠責保険は対人賠償しか効きません(しかも死亡3千万、傷害120万限度です。)

よく勘違いされているのが自賠責では対物賠償は出ないって事です

『俺はバイクだから任意保険なんていらないよ』っておっしゃる方、
きっと大金持ちなんでしょうね
羨ましい限りです。

どうか無保険で人身事故を起こさないでくださいね。
轢かれた方やその身内の方はとても悲惨です
そして轢いてしまったほうも・・・、同じく悲惨です。





スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://kenichi0512.blog49.fc2.com/tb.php/27-05397417