2017・07

<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/17 (Thu) 日本語
ネタ切れによりまたまたパクってきました。
知らず知らずに間違った敬語を使ってそうでおっかないですね

【日本語として間違い】
●とんでもございません
「とんでもない」を丁寧に言うつもりで、ほめられたときなどに恐縮して使うが、日本語
になっていないばかりか、相手にも失礼にあたる。とんでもないはそれ自体がひとつ
の言葉で、「とんでも」が「ない」わけではない。「とんでもない」の「と」は「途」からきた
もので、道理、筋道という意味だ。だから、「とんでもない」は筋が通っていないと指摘
すること。ほめられて、「めっそうもないことでございます」なら品よく見える。

●お世話様でございます
 世話は目上が目下にかけるもの。部長が部下を「世話をかけるね」とねぎらう。
目下が使うなら「お世話をおかけします」だ。「お」「様」を付け、「ございます」と言った
ところで敬語にはならない。

●お宅様がおっしゃられた…
 典型的な二重敬語。「お宅様がおっしゃった……」で十分。


“とんでもないです”は普段使ってます。←これはいいのか。
「とんでもございません」だとなのね・・・。日本語って難しい~

”お世話様です”がダメなんですね~。お客様にはやはり「お世話になっております」
あと保険会社の社員に対してはどっちなんでしょうね。
”ご苦労様”は目上から目下に使う言葉なのは知っていますので意識的に使わないように
しています。以前どこかの保険会社の支店長がうちの社長に向かって『ご苦労様です』と
使ったことがありました~。まぁあの会社ならそんなもんかな。

“お宅様がおっしゃられた…”この言葉はさすがに言いませんね~。これは変だと思う。
僕は以前恥ずかしい話『かしこまりました』がサラっと出てこなくて、

    「かし、かしこまりました

てな感じだったので密かに練習しました(笑。そんな陰の努力もあり?今ではすらすら~と
”かしこまりました”を使うえるようになりました。←ちゃんと使えると気持ちィイ

ところで最近字を書かなくなったので漢字を急速に忘れかけています。
言葉遣いも時々チェックしないと知らぬところで恥をかいているのかもしれませんね。

幼少の頃からの英語教育も大事だけど国語も社会に出てからその差がでますね。
じゃあkneichi君はどうなのョ←文章を読めば勉強してこなかったのがバレバレですね

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://kenichi0512.blog49.fc2.com/tb.php/697-3fd0dda7