2017・09

<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

kenichi

Author:kenichi
S49年(1974)生まれ。(いわゆる)湘南でなんとか続いている保険代理店の三代目。
この仕事の前は4輪のメカニックを少々。お酒は基本週2。ギャンブル?もったいなくてやりません。コツコツ働くのが一番!タバコは吸いません。
ストレス発散方法はバイクで気ままに走ること&日課のジムでの有酸素運動。愛車は個人で
DT230LANZA ラビットジュニア(不動) BRDウルトラカブ125 営業用でT-MAXです。
資格など:2級整備士(ガソリン・ディーゼル)。危険物乙四。

最近の記事

お友達Blog



カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

aflac

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/09 (Sun) SUZUKI RE5
先日の2000GTに続いてまたもや発見!!
今日はバイクなんだけどツーリング先の沼津で見かけました。

SUZUKI RE5

     R0012676.jpg


最初何気なく通り過ぎたんだけどエンジン部分に特徴があって足が止まりました。
(歩いていたんで)

33年前スズキが二輪車にロータリーエンジンを載せ実用化した珍しい
バイクです。
聞いてはいたけど今日初めてお目にかかりました。(当時輸出用のみ)
ラジエターがでかい エンジンもひと目で特徴ありますよね。

ロータリーエンジンと言えば思い浮かぶのが四輪のRX-7&8ぐらいで
整備士学校の頃もレシプロエンジンを中心に勉強しました
(トヨタにはロータリーエンジンないし)
一度だけロータリーのカットされた模型?(エンジンを半分に切ったやつ)
を見た事がある程度です。
もちろん運転したこともないので僕にとって未知のエンジンです。

このバイクにもおにぎりがくるくる回ってるかと思うとワクワクしますね。

参考

http://www.bbb-bike.com/history/suzuki/re5/index.html

2007/09/07 (Fri) 2000GT
営業中の横浜市内の信号待ちでふと道路わきの自動車修理工場の中を見たら
なんと、

          2000GT!!


トヨタ 2000GTが止まっていました
ナンバー付きですよ。動いているんですね。
ヤマハ発動機とトヨタの合作で出来た名車中の名車です。
こんなところ(失礼!)でお目にかかれるとは驚きました。

Webで拾ったうんちくを貼っときます。

当時の2000GTの価格は238万円で、トヨタの高級車であるクラウンが2台、
大衆車のカローラが6台買える程に高価であった。1967年の日本における
大卒者の初任給がおおむね26,000円前後であったから、21世紀初頭における
1,500万円から2,000万円程度の感覚にも相当する、一般の人々にとって
は想像を絶する超高額車であった。
1967年5月から1970年8月までの3年3ヶ月で337台が生産された。


     勝手に拝借


2007/07/03 (Tue) サンニー
仕事をしていて普段思うのが携帯電話の留守番センターのアナンスって
くどくないですかね
『この電話を転送します。発信音がしましたらお名前とご用を・・・』

それで、終わったら♯を押してOKなら9を押せとか。

急いでいる時にあのゆっくりした説明がイラつきます。
いっそのこと『留守電です。どうぞ、ピー』くらいに縮めて欲しいもんです

ところで昨日に続き車ネタでも。
今日何気に前を走っている車を見たらR32 スカイラインGTRでした。
懐かしいぃー
信号待ちでじっくりみたら十数年オチとは思えないツヤがあってまったく
古さを感じませんでしたよ。
いい状態で維持してるなぁと感心しました。

このR32 GTRは僕が高校生の頃世に出て二十歳ごろにはR33に進化してました。
バブリーな当時お値段は500万円。(まぁホンダのNSXは1000万円でしたけど)
カッコよかったですね~。夜な夜なギャラリーしに行ってたナンブ
(横浜市金沢区のドリドリスポット)でも金色のGTRがすごく目立っていました

僕が就職して毎日車検を繰り返していた新人の頃、ト○タ系ディーラにしちゃ
珍しくR32 GTRが車検で入ってきました。
すごく嬉しくて車検で触れるんだーって喜んでいたら車検をやらないはずの
偉い先輩が率先してやっていました。←たぶん触りたかったんだと・・・。

リフトで上げたとき下回りを観察したり興味津々でしたよ。
『やっぱりこの手の車を作らせたら国産じゃ日産が優秀だなぁ。ト○タは万人ウケの
儲かる車種しか作らないし』なんて思ったもんです。
そんな事を思い出しながら現役のR32を見て嬉しくなりました。

2007/04/05 (Thu) 虎と馬
久々に気持ちよく晴れた木曜日でした
午前中はお昼前に都筑区のHさんの継続手続きに行ってきました。

Hさんは30代後半の獣医さんでご夫婦で動物病院を開業されてます。
Hさんのお父さんの頃からのお付き合いで、しかも実家が近所なもんで
息子さん(ご本人)も懇意にしていただいてます。

動物病院を出た頃ちょうどお昼だったので帰り道“すき家”で昼食
もりもり食べていたら斜め前に座ったおじさんがネッ○のつなぎを着てました。

『ふ~ん、ネッ○横○のMさんね~』(名札プレートつき)

で、顔を見た瞬間ドキッとしました
そう、実はこのMさん僕が10数年前当時のト○タオート○浜に入社した
頃、技術研修センターでトレーナーをしていたMさん本人だったんです。

走馬灯のように辛かった当時の記憶が・・・。
新入社員研修(2週間くらいかな?)で徹底的に基礎を教え込まれ、
今でも訳のわからないデカイ声で“サービスメカニックの心得7か条”
(だったかな?)を声がかれるまで言わされたり、泣かされたトラシュー
(ほんとに半べそ状態)
ともかく嫌な思い出しかない、忘れかけていた人物その1だったんですよ。

年月を経てすっかりおじさんになってしまった(お互いに)Mさんに
気づかれぬようそっぽ向いて食べましたが、今夜あたり悪夢を見そうです。
トラウマは何年経っても癒されませんね~

天気が良かったので久々のスナップ
江ノ電極楽寺駅周辺です。

          トンネルと江ノ電



     極楽寺駅近く


     アマチュアカメラマンのおばさん二人組み


     線路脇


2007/01/15 (Mon) 骨折記念日
今日は1月15日です。
最近こそは成人の日の祝日が月曜日に移ってしまいましたが
数年前までは祝日でした。

僕個人にとってこの1月15日は一年の中で一番の厄日でもあります。
まずは1993年のこの日、友人に頼まれて車を少し動かしたとき
電柱にぶつけてしまったのが15日

これはまだ序の口。
続いては2000年の1月15日。
近所への買い物にリード90で出かけた時事故ってしまいました
事故の内容はこちらがほぼ悪い事故です。

時速80㎞/hで車と接触し転倒しました。
右足首の両側を骨折、そのまま救急車でへレッツらGO!!
応急処置を受け一旦帰宅後、翌々日から入院・手術をすることになりました。

これが足の中に入れた固定具です

     RIMG1063.jpg


結局、入院から23日後にやっと退院。
右足負傷のため車が運転できなかったので外回りに復帰したのがギブス
が外れた3月中旬でした。

某社に事故報告をした直後、損害のSC長から社長(父)の携帯にお見舞いの
あっという間にSC中に広まってしまい、とても恥ずかしい思いをしました。
その時の教訓を生かし?僕が乗るバイクTMAXとRSの任意保険は某社では
なく乗合他社にしてます。

そして最近7年周期で嫌な事故を起こしていることに気が付きました。
2007年の今日がその7年周期の日だったんです。

フライングして12日にドアに指を挟んでケガをしてしまいました。
    
          ドアに挟んだ(>_<)


残り数時間、用心して過ごします。


2007/01/02 (Tue) 元旦の記憶
新年2日目です。

今回はお正月と言うことで僕の思い出に残っている元旦を書きたいと思います。
(ただのネタ切れじゃん?)

と、言っても高校時代のお正月はここで書くにはまずいことだらけ
なので1996年の1月1日のことを書きます。

もう11年も前になるんですね~。
当時は以前勤めていた会社の先輩達に(半強制的に)連れられて
とある長野県の山の中でお正月を迎えました。

先輩の親戚が所有している山小屋があってそこに連れて行かれました。
年末の30日ごろから3泊4日のスキー旅行です。
山小屋と言えば別荘みたいで聞こえはいいんですが、本当にこれぞ
山小屋って感じでした。


2006/12/15 (Fri) ボーナスの想い出
2時半すぎに取引をしている近所の信用金庫へ行ったときの事です
いつもは空いていてすぐに順番がくるのに、今日は前5人待ち。

よく見るとATMコーナーも大繁盛

なんだろな~と思いつつも自分の番号札が呼ばれたので顔見知りの窓口の
お姉さんところへ

K:『今日は大繁盛ですね~。何かあったのかな。あ、ボーナスの時期かな?』

:『そうかもしれませんね。うちは8日にボーナス出ましたよ

そんなやり取りをしました。

ボーナス、久しく手にしていないな。(懐かしい・・・)
この仕事を始めた頃は会社(代理店)からボーナスはあったんですが
今は役員に登記されているので年棒になってしまいました。

ディーラーメカ時代はボーナスと半年分の交通費が同時支給だったので
急にお金持ちになった錯覚を覚えました。
嬉しかったですね~。ルンルンでしたよ

入社した年の12月頃会社の工場内でラジコンが流行っていて(←どんな会社だよ)
先輩に連れられて模型屋へ。初ボーナスでラジコンを買いました(3万円也)

2~3日で組み立てて完成。終業後にレース参戦です。

当時の上司がめちゃくちゃ怖い人で(見た目も)普段からビビッていたんですが
その上司のラジコンと接触しそうになるや否や

『お゛ーい、っざけんなよぉ あ゛ぁ?』・・・すっすみません みたいな(笑)

今となっては懐かしい笑い話です。
でも当時は本当に怖かった。








2006/11/22 (Wed) MR-S生産終了
今日は珍しく車の話です。

昨日トヨタのMR-S生産中止のNewsが流れました。
MR-Sとは何?って人のためにYahoo!から画像を拝借してきました。

     MR-S


デザインは個人的にはカッコいいとは思わないんです。
なんで記事にしたかというとこのMR-Sがトヨタ最後のスポーツカテゴリーの
車なんです。
MR-Sがカタログ落ちすることによって、トヨタでは純粋に運転を楽しめる
スポーツカーがなくなってしまいます

突然ですが話は10数年(笑)前にさかのぼります。
トヨタのディーラーに就職した当時初めて自分名義の車を買いました。
それが中古で買ったMR-Sの前身MR2です。

     MR2


グレードはターボの確かGT-Sの黒でした。
当時今のように車高調など安くない時代でしたのでTRDのショックとバネと
フジツボの2本だしマフラーを社員割引で購入し仕事が終わったあとに
先輩達が手伝ってくださってわいわいガヤガヤ組んだ楽しい記憶があります。
別の先輩がスパルコの16インチのアルミを格安で譲ってくれてバッチリ
決めていました。
HKSのブローオフバルブを付け、

ボォォオー、プシュー(しゅるる)って感じで走っていましたね

足回りを固めてしまったのが影響し?Tバールーフから雨漏れが発生
室内が水浸しになってしまい、2年乗って売ってしまいましたが、
狭い、実用性が無い点(二人乗り)を除けばとても楽しい車でした。

トヨタがこの分野から撤退するのは寂しいけどこれも時代の流れなんですね。
またいつか運転してみたい車のひとつです。